スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスフィロアの強さに迫る&5部位GX装備

どうもしりうすです(`・ω・´)ゞ
ディスフィロアはLv200台の募集に参加する機会があったので参加させてもらったのですが、シャンティエンとは比較にならないほどの強さを感じました。

m13092706.jpg

何でこんなに強いのか?
戦っていて感じたことを以下に記載してみました。

1.広範囲攻撃が多い
シャンも広範囲攻撃には定評がある方だとは思いますが、ディスフィロアは最果ての地のフィールド全体に影響を及ぼすような攻撃を多用してきます。
また、ハンターの足元をピンポイントで狙う攻撃や、フィールド上ランダム?に発生する氷柱などを頻繁に発生させてきます。
そのため、いつ何処に居ても被弾を警戒する必要があるというのが厄介です。

2.でかい
m13092703.jpg

いや全長はシャンの方が大きいのですが・・・
いわゆる4足の古龍ですが通常サイズはテオクシャより大きく、攻撃が避けにくいです。
アルバトリオン?でしたっけ、それと同じ骨格らしいのでこうなったのでしょうね・・・
ちなみに脚肉質はそんなに硬くないようですし属性も通るのですが、部位破壊レアが翼に仕込まれています。

m13092702.jpg

この翼はいわゆるテオの翼のように翼膜部分の判定が薄いみたいで、サイズによってはゼーゲロングホーンでも下手をすると当たりません
当たらない攻撃を繰り返す=与ダメージが減るということで討伐時間が長引いてしまいます。
個人的感覚ですが、サイズ1900を超えたらかなり危ういです。
幸い、剥ぎ取り希少素材並みに使用頻度が少ない(一部のG武器Lv50と、ディスGXに1個ずつしか使わない)素材なのでシャンの角ほどきつくはないのですが・・・
シーラモフモフLv50にこいつの翼を使うことが判明したので、後述しますがゼーゲロングホーン用の装備を構築して臨んでいます。(出てくれてよかったです)

3.拘束しづらい
麻痺時間はラスタを連れていったところ、5秒しかないことが分かりました。
耐性もシャンより遥かに高いようです。なので麻痺剣はあまりメリットがなさそうです。
また、動画で拝見したのですが頭ダウンもルコのように一瞬だけとなっているようです。
更に言うと脚を切ってもダウンモーションが起こらない(シャンはひっくり返って長時間隙ができます)、尻尾を切っても即座に体勢を立て直すなどとにかく隙が無く、常にディスフィロアのペースで戦うことになります。

4.攻撃と攻撃の間隔が短い
私が考える、ディスフィロアの強さを引き立てている最大の要因です。
シャンは超高火力の攻撃を使う→空中でゆらゆら→超火力攻撃 という感じで、攻撃と攻撃の間にインターバルが結構ありました。
なので最悪、防御を全部取っ払って真根性で耐えるスタイルでも回復が余裕で間に合うのですが、ディスフィロアは大技→(少し間)→小技→小技→小技→大技 といった感じで攻撃と攻撃の間隔が物凄く短いです。
体力を50%以下にした覚醒状態だとそのスピードは更に上がります。
これで1.の広範囲攻撃を多用してくるので・・・
イメージとしては不適格ですが、シャンが覇種オディバトラスだとすると、ディスは覇種パリアプリア(赤オーラ)です。

なので防御を捨てた真根性装備だと、小技→小技の連発で回復する間もなく蹂躙されたりします
また、シャンよりも攻撃ペースが激しいので小技で真根性が出るようだとおそらく回復が持ちませんし、回復役を設けたとしても小技(真根性)→広範囲攻撃の大技(回復ができず乙)という可能性もあります(ありました)

Lv200台でも即死しない攻撃行動は多いので、真根性と防御力を両立させて、小技(耐える)→大技(真根性)といった感じで凌ぐ立ち回りが重要になりそうです。(あくまで個人の感想です)

5.結論
真のG最強モンスターは伊達ではなかった

ちなみに今回はあまりLvが上がらないことを想定しているのか報酬が良くなっています。
現在Lv84ですが、輝累石2個・碧武玉2個・蒼武玉1個・絢累石1個入手しています。
(前回のLv150時点ぐらいの報酬量)

まぁシャンとは違って攻撃できない時間がそこまで長くはないですし、体力も低い(らしい)ので「単純に強い」ということなのでしょうね
覇種パリア実装初日に感じた「これはヤバい奴が来た・・・((((;゚Д゚))))」感が久々に味わえて楽しいです。




さて、上記の点を踏まえて、急遽ゼーゲロングホーン用の装備を用意しました。
とは言え新しく防具を作る気にはちょっとなれないので、今まで作った防具・装飾品を総動員しています。

カフ:                   匠カフⅡPA3 ●
武:                   ○ ○ ○
頭:黒子ノ面隠・GX     Lv1 270 レウス剣珠G ファルノ剣珠GF
胴:御神楽GX【胴当て】   Lv6 394 ヘッジ剣珠GF ギザミ剣珠GF 音無珠G
腕:ファルノGXアーム    Lv4 313 俊避珠G 文鎮珠G
腰:ヘッジGXフォールド   Lv3 314 障壁珠G 仙人珠G
脚:ヘッジGXグリーヴ    Lv4 340 ザザミ剣珠GF 気短珠G 気短珠G

防御力:1717 火耐性:3 水耐性:-1 雷耐性:12 氷耐性:3 龍耐性:15
(爪護符・生命力+2込み)

発動スキル
見切り+3,龍風圧無効,剛撃+2,生命力+2,高級耳栓,逆鱗,回避性能+1,反射+1,ガード性能+1,斬れ味レベル+1,早食い,一閃+1,(受け身)

m13092705.jpg

遂にフルGX装備を作ってしまいました。スキル枠12をフルに活用しています。

m13092704.jpg
※ヘッジGXグリーヴ強化前です
防御力と真根性を両立させた装備です。
ただ、耳栓が要らないらしいのと、実際に使った感じ反射が役に立たないのでもう少し改良できる部分はありそうです。

ちなみにSR防御補正で1820(ぐらい)になっています。
★7モンスやシャンティエン相手なら全く問題ない性能だと思います。
ただ、この装備であってもディスフィロアLv200↑は安心できません
小技は3発まで耐えられますが、回復を一瞬でも怠ると追撃や連撃で\(^o^)/してしまいます。

また、ガードしてはいけない攻撃がいくつかあるので範囲ガードなども有効に活用する必要があります。
ヘッジGXグリーヴはLv7まで強化する予定なので、最終防御は1870ぐらいにはなるはずです。
今回はLv200台に乗ればいいかな~ 頑張ります。

ではまたねヾ(*>ω<*)ノ゙ニャン!
MHF・攻略ブログ
応援していただける懐の広いお方は↑をクリックしていただけるとありがたいです(`・ω・´)

メッセージ@しりうす

でっかい龍と戦う前に操作感を取り戻さないと・・・(;´Д`)

カテゴリ

記事一覧

MHF-Zカレンダー

Now Loading...

公式イベントスケジュールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。