スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天嵐&覇種と秘伝の比較(全武器種ver)

どうもしりうすです(`・ω・´)
F4からいろいろと天嵐、秘伝の比較をしてきましたが、全武器種のデータとシミュレーションが完了しましたのでまとめて掲載しようと思います。

長くなるので「続きを読む」からどうぞ!
本題に入る前に、もう一度秘伝と覇・天嵐防具の特徴をおさらいしときます。

【秘伝】
攻撃力1.2倍(ガンナー真秘伝は1.4倍、片手秘伝は1.3倍) これは火事場効果等と同じところで計算されるので火事場力や旋律効果で攻撃力が更に増大します。

武器種固有スキルがあり、弓以外は既存防具で発動できないものばかりです。

【覇種・天嵐】
装着部位数ごとに攻撃力が増大しますが、これは最終攻撃力に加算されるため火事場や旋律で更に攻撃力が上昇するものではありません。

ゲージ強化、弾丸性能の強化能力があり、これは秘伝には無いものです。

スキルUPグレードで攻撃スキルや保護スキルを大幅に拡張することができます。
特に、ジルコン以外の秘伝が絶対に発動できない火力UPスキル「剣術+2」を容易に発動可能です。
剣術+2についてはココ!を参照してください。

特殊効果をフル発動できるクエストが剛・覇種・G級クエに限定されています。

上記の理由から、通常クエかつ火事場・旋律状態では秘伝に圧倒的な分があります。
運営から「使い分け」を推奨されているため、ここでは直接比較対象となる剛種・覇種クエでかつ非火事場状態で比較すべきと考えました。
天嵐に甘い条件?と思われますが、実際の剛・覇種クエで火事場するケースは稀なので実態に沿った比較になるでしょう。



・DPSの算出方法
肉質100・30(ガンナーは50・30)の場合の物理ダメージをそれぞれ出し、各攻撃行動に要する時間で割っています。
肉質30を引き合いに出したのは、どの武器でも「ヒットストップ小」になるためです。
オディバトラスの前足や覇種UNKNOWNの脚がこの肉質なので近接はある程度の指標になるでしょう。

各攻撃行動に要するフレーム数(1秒=30フレーム)
m12111301.jpg
※クリックすると拡大します
DPS wiki及びとある場所で見かけた数値を参考にしています
掲載が不味ければ即削除いたしますのでご連絡ください

【共通留意事項】
・全武器種非火事場・非旋律、剛種・覇種クエ前提です。秘伝と天嵐・覇種は攻撃力増加式が異なるため火事場や旋律等で条件が変化することがあります。

・近接覇・天嵐防具は剣術+2を発動させているものが多いです。これはモーション値×1.2倍にして専用の攻撃時間で割っています。(上の「剣術+2」のフレーム数)

・攻撃が全てフルヒットしていることが前提です。そのため、実戦では以下の表の通りの結果にならないことがあります。

・スキルや狩護防具との組み合わせを考え、剣士秘伝は覇防具最大4部位までとしています。

・SR倍率や会心補正は計算に含めていません。

下記のデータを元にしたことによる損害等について、当ブログでは一切の責任を負いかねます。
あくまで「参考」程度にご覧ください。



【大剣】
m12111302.jpg
※クリックすると拡大します

考察:
燦然は強撃を付けていない状態です。大剣の剣術+2はそれなりに有効に働いていますね。
強撃なしでは圧倒的に覇・天嵐に分がありますが、剣晶をつけて戦闘するなら秘伝が上回ります。
手数の少ない大剣にとって剣術+2はかなり有効なのですが、同一部位に2ヒットしづらいのでピンポイントの弱点狙いだと思った以上の効果はでないかもしれません。

【太刀】
m12111303.jpg
※クリックすると拡大します

考察:
スピネルが圧倒的に強すぎて覇防具は絶対に勝てない、といわれている太刀ですがまさかのダークホースでした。
剣術+2と4部位があれば、非秘伝練気ゲージ維持コンボで秘伝練気ゲージ維持コンボを超えることができます。
※あくまで覇UNKNOWNで想定されている大3保護スキル完備スピネルと比較した場合です。

ただし剣術+2を発動させると操作感ががらっと変わってしまうため(動作速度自体は言われているほど遅くはならないです)慣れないとかなりきついかもしれません。かと言って剣術+2なしでは絶対に勝てない上に差もそれほどはっきりは付かないので、剣術+2の操作感が辛ければスピネルでいいと思います。
また、不具合か不明ですが、練気ゲージ上昇判定が肉質の柔らかい相手を切っても肉質が硬いと判断されるらしく、かなりゲージを溜め辛いという欠点もあります。
この仕様?不具合?が改善されるまではゲージ溜めの問題でかなり微妙なところです。

【片手剣と双剣】
m12111304.jpg
※クリックすると拡大します

考察:
片手剣は属性特化版もありますが、今回はあえて物理性能のみで比較することにしました。
こちらも剣術を使えばかなりのダメージUPになる・・・と思いきや、ヒットストップの特性上肉質の堅い相手にはあまり実力を発揮できません
堅い相手には属性攻めという感じになるでしょうね(剣術2は属性値も0.2倍ですが加算されますので、覇防具5部位なら1.1倍×1.2倍という脅威の属性ダメージを与えられます)

双剣は各所で話題になっている通り、剣術+2が一切操作感を損なわずに使用できるため非常に強烈です。
スタミナ減少の問題を除くと秘伝の1.2~1.3倍近いDPSを発揮することができます。流石にこれは火事場+旋律で秘伝有利に設定しても超えられない壁です。

もっともそのスタミナ減少が致命的になる戦い方もありますし、理論上永遠に鬼人化状態で張り付いていられるので、使い手によっては秘伝の方が有効に機能する場合もあります。

「火力」のために秘伝を選ぶのではなく、「使い勝手」のために秘伝を選ぶ・・・
これはほんの数ヶ月前まで最高火力を謳っていて、その火力の為に作ることを薦められていた双剣秘伝のお話だぜ? ・・・時代は変わったと思わないか?



【ハンマー・笛】
m12111305.jpg
※クリックすると拡大します

考察:
ハンマーは溜め主体で行くか縦3主体でいくかでかなり状況が異なります。
やはり瞬撃の1.3倍はかなり大きいですね。
縦3に関しては剣術がなくても覇・天嵐に分があるので、上手く使い分けができると思います。

笛は攻撃性能を求められるケースはあまりないですが、剣術+2で状態異常の追加蓄積を狙ったりする場合は覇防具のほうがいいかもしれませんね。スキルUPでサポートスキルもかなり柔軟に組めます。

【ランス・ガンランス】
m12111306.jpg
※クリックすると拡大します

考察:
ランス・ガンスとも突きモーションかつHS大のヒットストップが大きい為、剣術+2の効果が絶大です。
同一部位への2ヒットも容易いため、ほぼ理論値どおりのDPSを得られることでしょう。
もっともどちらもスキル枠がカツカツな武器種なので、剣術+2を組み込めるのか?という問題はあります。
保護スキルや防御性能に特化しているランス秘伝、秘伝スキルの効果で砲撃に関しては右に出るもののないガンス秘伝と使い分けができますね。

【ライトボウガン・へビィボウガン】
m12111307.jpg
※クリックすると拡大します

考察:
真秘伝の効果が強力なガンナーに関しては、覇防具を積み上げてかろうじて5部位でどうにか対等ぐらいかな?・・・というところですね。
へビィ真秘伝のぶっ壊れDPSについては見なかったことにしておきます(´・ω・`)まあ最近のモンスは狙い撃ち含めても斬打>弾ですし

ただし実際には構築スキルの問題で、特にライトボウガン秘伝はかなりスキルの制約を受けることから全くの対等にはならない可能性があります。

ちなみにシングル秘伝と比較した場合は、覇種3部位でほぼ秘伝の攻撃性能を上回ることができます。

【弓】
m12111308.jpg
※クリックすると拡大します

考察:
火事場しない場合なら、元の武器倍率が低いこともあって真秘伝と覇4部位が対等ぐらいの性能になります。
ただし火事場が1.5倍なので、それによってはこの数値が容易にひっくり返ることが予想されます。
シングル秘伝との差はガンと同じです。

ラピスがかなりスキル的に充実していますが、覇5でもほぼ同レベルのスキル構築が可能になったとのことなので、気分によって着替える というのも悪くないかもしれませんね



こんな感じでしょうか?
あとは秘伝スキルの有効性や、秘伝防具の内蔵スキルと覇防具で構築できるスキル、秘伝のクエストを選ばない特性や覇防具の互換性(使いまわし)で使い分けすればいいと思います。

いずれにしても「火力面で秘伝一択」という感じではなくなりましたね~ どちらかに固執するのではなく、自分のプレイスタイルにあった防具を作るのが一番だと思います。

ではまたねヾ(*>ω<*)ノ゙ニャン!
MHF・攻略ブログ
応援していただける懐の広いお方は↑をクリックしていただけるとありがたいです(`・ω・´)

メッセージ@しりうす

でっかい龍と戦う前に操作感を取り戻さないと・・・(;´Д`)

カテゴリ

記事一覧

MHF-Zカレンダー

Now Loading...

公式イベントスケジュールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。