スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しりうすさんのPC作成奮闘記その3(完結編?)

どうもしりうすです。
昨日の記事をUPしてからMHFを遊んでいると、
フレーム抜けのような現象が再発してしまいました(´;ω;`)。

NVDIAの設定やマザーボード自体のパフォーマンス優先モードへの設定変更など、
色々試したのですが解決にはつながりませんでした(´-ω-`)
デュアルモニタも、結局マザーボードの端子とグラボで分けるのではなく、
グラボ単体に任せた方がいいことが分かりそのように変更したのですが、それでも解決しませんでした。
(ちなみに録画機能はこの状態でも問題なく使用できました)

mhf_20161031_235626_331.jpg

シクレ(精錬のススメ【司銀龍】)をやりながら猟団の皆様に相談していたのですが……
(以下、当時の会話の抜粋)

しりうす「もう⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪」
「昔のグラボだと現象起こるの?」
しりうす「試してないけど、デュアルモニタでカクつくのは旧PCでHGE実装される前からだし…」
「シングルモニタだと(今までも)現象でるの?」
しりうす「シングルだと出ないです(´-ω-`)」

・・・

「(´―ω―`)それ、もしかして電源タップの問題じゃない?」
しりうす「(゚Д゚)!!!」
「ディスプレイの電源を壁コンセントから直接取ってみたらどう?」
しりうす「やってみますε=ε=ε=ヾ(´∀`*)ノ 」

・・・

直りました(゚Д゚)

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

ま、まさかこれが真因・・・・!?!?

そういえば今までのPCの解決策を見ていると、
ディスプレイの電源コードを外したり、ディスプレイそのものを別のものに変えることで復旧していました。
電源タップの容量自体は最大定格で計算してもオーバーはしていないのですが、
タップ自体は7年ほど前に購入して変えていなかったので、
劣化などでパワーダウン、もしくは不安定になっているのかもしれません。

そしてこれが事実であれば、
私がやってきた「パフォーマンス優先設定」は逆効果だった可能性があります。
パフォーマンス優先とは言い換えれば消費電力を増やし、フルパワーで動作させる設定なので…
_ノフ○ガックシ

PC本体の電力不足については以前からちょっと気になっていましたが、
全体の電源環境については完全に見落としていました。
目から鱗のアドバイスに感謝感激です。゚(゚´Д`゚)゚。

・・・

その後、最も電気を使うPCの電源を壁コンセントから直で取るようにして、
マザーボード・グラボの設定をパフォーマンス優先から通常設定(つまりほぼデフォルト設定)に戻したところ、
サブ画面で動画などを開き、その上で動画機能を有効にしても、メイン側のMHFは快適に動作するようになりました。
新しい電源タップを購入して、PCとディスプレイその他周辺機器の系統を完全に分けて運用してみようと思います。

ではまたねヾ(*>ω<*)ノ゙ニャン!
MHF・攻略ブログ
応援していただける懐の広いお方は↑をクリックしていただけるとありがたいです(`・ω・´)

【追記】
上記の調整を行ったところ、カクつくときとカクつかないときがあることが分かりました。
最終的には問題がなくなったのですが、PC設定に関する話なので
興味のある方は「続きを読む」からどうぞ~

さて、上述したように、
PCの環境設定を全部デフォルトに戻したところ、カックカクになる事象が再発しました。
念のため・・・と思って、HighGradeEditionをOFFにしたのですが、
それでも同様、というかそれ以上にあからさまにガックガクになります。
HGEでない場合はシングルディスプレイ、MHF単独起動、解像度を小さくしても恐ろしくカクカクしたので、
グラボのパワー(性能)不足が原因ではないと断定しました。

となると後残されたのはSSDかCPUかネットワークかOS自体かのいずれかになりますが、
画面をただぐるぐるしているだけでカクカクになるため、ネットワークの線は薄いかなと思いました。
SSDも、初期不良を除けば可能性は薄そうです。

次に、電源を別系統にしてタップも変え、容量に余裕ができたと判断し、
CPUとグラボの電源設定を元のハイパフォーマンスに変更したところ、状態が完全に解消されました
CPUはUEFIのAdvanced→CPUの電源管理から、省電力モードをOFFにする設定を行い、
ついでにOSの電源管理のオプション(Windows7ではコントロールパネルからアクセスできますが、
Win10では「PC設定」を探ることになります)で、電源プランを「高パフォーマンス」に変更しました。
(多分どちらか片方でOKです)
そしてグラボは、NVDIAコントロールパネルの「3D設定の変更」から、
MHF-Gの「電源管理モード」を「パフォーマンス最大化を優先」に変更します。
※電源や冷却能力に余裕がない場合、温度上昇や電源容量不足で不具合を起こす可能性もあるらしいのでご注意ください。

後で調べて分かったのですが、CPUが明らかにオーバースペックになっている場合、
省電力機能が効いてCPUクロックが自動で落ちる状態になっていると、
CPU使用率が低い状態ではフレーム落ちが発生してしまうケースがあるようです。
しりうすさんPCのCPU使用率は調整前まで5~25%程度で推移していたため、
まともに影響を受けていそうです(´-ω-`)
HighGradeEditionじゃない状態で現象が悪化したのも、
CPUの能力をより使わない状態だったからと考えれば、納得がいきますし、
現象が出るときとでないときがあるのも、CPUをどれだけ使っているかで状態が変化していると考えれば…
ちなみにGTX970は人の多いランドでもGPU30%~50%程度(HGE/フルオプション時)しか使っていないため、
こちらも(あるのか分かりませんが)省電力を切るという点で電源管理をパフォーマンス優先にしています。
過去にもいろいろ調べて電源管理を高パフォーマンスにした方がよいという情報は得ていたのですが、
原理が分かってすっきりしました。

チャットで冗談で「CPUがサボってるんじゃないですかねぇ」って会話をしていたのですが、
当たらずとも遠からずといったところでしょうか・・・

Windows10をインストールした際に入れたMineCraftも当初はガックガクになっていたのですが、
この設定変更で概ね問題なく動くようになりました。
また、ブラウジングや動画再生で妙な硬直があったのですが、それも概ね解消されました。

ただ、これはCPUパワーをそこまで要求しないMHF-Gなどのゲームでの話であり、
CPUを常にガンガン使うゲームでは、省電力機能にならないのでこの設定をしなくてもいいのかもしれません。
MHFでも、ダウンサンプリングなどで無理矢理高負荷にすれば別に問題はないのかもしれませんが、
そこまでやる必要もないと思うので・・・
逆に、スペック不足の場合はこの設定でも解消されない可能性大です。

CPUの冷却については、クーラーさんがいい仕事をしてくれているようで大きな温度変化は見られません。
音についても、殆ど変化なしです。

あと設定していないのは、NVDIAコントロールパネルの
「マルチディスプレイ/ミックス GPU アクセラレーション」でしょうか。
これはデフォルトのマルチディスプレイ パフォーマンスモードにしているのですが、
MHFは2枚のディスプレイでやっているわけではないので、
その場合はシングルディスプレイパフォーマンスモードにした方が良いという情報もあれば、
良くないという情報もあります。これは実際に試してみようと思っています。

【まとめ】
・PCスペックが過剰な場合、CPU使用率が低いと省電力機能さんが仕事をしてしまうため、
ゲームやブラウザなどでフレーム落ちが発生することがある。
・上記の解消には本体の負荷を無理矢理上げるか、省電力機能をOFFにするとよい
・省電力機能のOFFはUEFIかOS上から行う。
・グラフィックボードも同様に、デフォルトの使用率が低い場合はパフォーマンス最大化設定を行う。
・いずれも消費電力や熱量の増加につながるため、電源(コンセント・タップ含む)、冷却性能は余裕を持たせる事

【追記の追記】
上述したように元々はこの設定でもダメなときはダメだった
(ただしCPUの省電力機能を直接UEFIからOFFにしたのは初めてです。
 それまではEzモードで「パフォーマンス重視」にしていました)ので、
電源タップが不安定になっていたことで、
有効な設定を見いだせなかったのが解決に時間を要した原因と言えそうです。

メッセージ@しりうす

でっかい龍と戦う前に操作感を取り戻さないと・・・(;´Д`)

カテゴリ

記事一覧

MHF-Zカレンダー

Now Loading...

公式イベントスケジュールへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。